EDで悩んでいる人は沢山いらっしゃいますが、その中でも恥ずかしいからと周りに相談をしないという人が大多数を占めます。そこで、病院へ行くなんて無理だし、こっそり1人で治したい男性にレビトラをお勧めいたします。

レビトラはEDの男性を救います

レビトラはどんな副作用があるのか

レビトラを使用した時には目が充血したり顔が熱く感じる、鼻が詰まったり頭痛がするなどの副作用が起こる場合があります。これらは大体の人に起こることで余り気にする必要はありませんが、頭が痛いのが嫌な場合には頭痛薬を一緒に飲むことも出来ます。市販の頭痛薬を服用してもレビトラの効果に影響を与えることはありません。
ただし6ヶ月以内に脳出血や心筋梗塞などの病気を発症した人や低血圧や高血圧の人、HIVの治療薬や真菌治療薬を服用している人は重篤な副作用が起こる可能性があるので使用してはいけません。これらの症状がある人は病院でもレビトラの処方を受けることはできません。病気がない人の場合には、特に重い副作用も出ないため快適に使用することができます。
他のED治療薬と比べると、レビトラには飲んでから効き目が出るまでの時間が短いという特徴があります。これはレビトラが水に溶けやすい性質を持っているためで、服用してから40分程度で血中濃度が最高になり性行為ができるようになります。早く効果が現れて欲しい場合に向いているED治療薬です。早く効果が現れるからといってすぐに勃起するわけではなく、性的刺激を受けてから勃起するため自然な形で性行為を行う事ができます。食事の影響を比較的受けにくいという特徴もあります。
またレビトラは糖尿病患者の人に効果があることが知られています。糖尿病の人は比較的ED治療薬が効きにくいのですが、実験によりレビトラは特に20mgの錠剤を服用した場合改善効果が高いことがわかっています。
レビトラは病院で処方してもらうことができますが、自由診療のため診察の際に保険証などは必要ありません。自分の身分を知らせず処方してもらうことができ、診察を受ける際にも問診だけですむので安心です。