EDで悩んでいる人は沢山いらっしゃいますが、その中でも恥ずかしいからと周りに相談をしないという人が大多数を占めます。そこで、病院へ行くなんて無理だし、こっそり1人で治したい男性にレビトラをお勧めいたします。

レビトラはEDの男性を救います

レビトラの先発医薬品はクリニックで販売されています

EDになってしまったときに有効な治療として、バイアグラに次いで開発されたものがレビトラです。レビトラについてもバイアグラと同様に厚生労働省の承認を受けていますので、ED治療を行っているクリニックで処方してもらうことが可能です。バイアグラと比較したときには、即効性がある点や食事の影響について受けにくい点が特徴となります。レビトラについても保険が適用されないために、自由診療に該当することから、それぞれのクリニックによって価格に違いがあります。レビトラの販売価格の相場としては、10mgのものが1500円程度、20mgのものが2000円程度であるためにバイアグラと比較したときに少し高い販売価格となります。その反面、効果としては10mgのものは最長5時間ほどの持続時間ですが、20mgであれば10時間ほどの持続時間が期待できるために、バイアグラよりも長い期間にわたって効果を実感できるED治療薬です。服用してから20分~1時間ほどで効果が現れると考えられていますので、性行為の少し前に服用することが理想的です。
先発医薬品の他にジェネリック医薬品という後発品があり、先発医薬品よりも安価な価格で販売が行われています。ジェネリック医薬品である場合であっても、先発医薬品と同様の成分と品質、効き目があります。レビトラの販売価格は1500~2000円であることに対して、ジェネリック医薬品であれば数百円単位で購入することが可能です。レビトラの特許は20年を経過していないために、ジェネリック医薬品の生産を行うことはできないことになっています。そのために認可を受けている、レビトラのジェネリック医薬品は存在していません。インターネット上で販売が行われているレビトラのジェネリック医薬品は、様々な種類のものが存在していて、個人輸入の代行業者によって取り扱われていることになります。